車検の業者や書類の種類などを知っておけば安心して受けられる!

車検の重要性とはどのような点か

自動車を所有している人は必ず車検を受けなければならない決まりがあります。車検を受けるのは新車であれば購入した時から3年目に、それ以降の場合には2年おきになります。20年乗った車でも2年おきに車検がある点は変わりません。車検は義務になりますので、車検を実施していない車を利用する場合、警察に捕まるおそれもあります。車検は金額が高いですが、もし車検が無かったとすれば、整備不良により多くの車が事故を起こすことになるでしょう。

車検をする場合どこに頼むか

車検はさまざまなところで実施していますので、その中から選ぶことが出来ますが、通常新車を購入した場合には、ディーラーで車検を受けることになります。ディーラーで車検を受けるとやや高いですが、新車で購入した場合には割と格安で車検を受けることが可能になります。ディーラー以外では、ガソリンスタンドや車検フランチャイズ店、町の自動車整備工場などで受けることが可能になります。中古車の場合は、どれにするか迷うところですが、技術と値段で信頼出来る所を選ぶべきですね。

車検に必要な書類を知っておこう!

車検では、いくつかの書類が必要になりますが、まず運転免許証が必要になります。うっかり忘れたと言うことが無いようにしましょう。次に車検証です。車の助手席のダッシュボードを開けるとそこに車検証が入っています。車に置いておくのが普通になります。次に自動車税納税証明書になります。納税しない人は車検を受けることが出来ません。それ以外では、自賠責保険証明書やリサイクル証明書、自動車重量税納付書などが必要になります。

車検は、自動車の走行性能が各種法令に適合しているかを調べるものであり、厳密に手続きを取る必要があります。